中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合に、売るのを

知人に聞いて「いいよ」と教えてもらった

知人に聞いて「いいよ」と教えてもらったので、無料の出張査定サービスを呼んで車を売ってみました。

自宅に来てもらったのですが、査定の人の仕事の印象が良くてすっかり見入ってしまいました。見ていると、かなり細かくチェックをしていく訳ですが、テキパキしていて、気持ちがいいくらいでした。

ボンネットの端っこに擦ったような小さな古いキズがあり、それには全く気づいてなかったので少々驚きました。

プロの技術者の、確かな腕を見せてもらいました。ですが、そんなに大きく減点されなかったので助かりました。

中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、訪問査定などを経て買取額が提示されます。結果が不満であれば交渉しますし、納得のいく価格なら印鑑や必要な書類を整え、売買契約に進みます。契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといったプロセスがあり、それから本契約から約1週間程度で代金が支払われ、あとは何もする必要がありません。

手続き完了です。お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、ほとんどの会社では、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、見積金額を教えてくれます。こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の競争が生まれますから結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

所有者の違う車を売る際には、手続きや必要書類をどうするのでしょうか。

通常、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が必要となります。

加えて、名義人の同意書、後、委任状や譲渡証明書なども準備しておく必要が出てくるのです。

愛車を売却するときと比べると、多少面倒でしょう。

車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。

そしてそのための交渉のやり方がありますので、簡単に説明します。まず、複数の業者にあたりをつけます。

それらの業者から、見積もりをもらいましょう。

この時点ではまだ、価格交渉はしません。

それらの中で、一番高い査定額を基準として業者との価格交渉をしていきます。

これがうまくいくと、見積もりで出た最高額以上の値段を業者から引き出せることもあるでしょう。ですが、何度も同じ業者相手に行う方法ではありません。車を売る気はないなどと思われて交渉できなくなるでしょうから、気を付けた方がいいでしょう。

車をちょっとでも、高く買い取りしてもらうコツは、いくつかの車買取業者に査定してもらうことです。面倒臭いからと言って、一つだけの業者にのみ査定を行ってもらい、買取された場合だと、愛車が適切な価格で引き取ってもらえたのかが全くわかりません。

少しだけでも手間と時間を割くことで、買取の価格に大きな差が生じることもあります。

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車の状態や車種、需要の高いものであれば、車査定の方が、買取額が高い事が多いようです。

私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。

さらに、新車の値引き分を含んだ価格が見せられることも多いため、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。

そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りよりお得になる可能性が高いというわけです。

私が住んでいるところはちょっと有名な港町です。

窓を覗けば海が見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、快適な暮らしなのですが、難点は、車が潮風でボロボロに傷んでしまいます。以前住んでいた海から遠い場所では、車にこんなに錆が出てボロボロなんてことは聞かなかったことです。今の愛車は車下取りに出してしまって、きれいな新車を手に入れたいところです。車の査定時、具体的になにを見るかですが車のメーカー、車種だけ見るのではなく、車検証の内容から年式からグレード、車のカラー情報の確認をするのも当たり前のこととなっています。また、機器などの動作チェックや外装も目視チェックも寸刻みに行われますし、それからエンジンルーム内の点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、査定自体にかかる時間というのは15分、あるいは30分位は必要だと考えておいた方が良いでしょう。全部というわけではありませんが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税務署のスタッフに聞いてみてください。